スカーレット・オイのサバナ日記

オーストラリアン・シェパード - 悪行は風と共に去らず-

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ばかりだった9月

今日で9月も終わりなんて、嘘じゃなかろか?

今年はまた自治会の役員になってしまったが
上に立つ長がまだ若い仕事現役のパパ。
誰よりも汗かいて、余計な事を言わず仕事している姿に
みんな氣持ち良く協力してる感じ。

老害ってやつを感じる事も多々ある過疎の町だけれど、
今回一緒の方たちにはそんな事なくて、
出来る事を率先してやってくれる。
目が合うだけで、にっこりし合っちゃうんだなぁ。

こういう巡り合わせって、運がもたらすものでしかないから
ラッキー♪としか言い様ないわ。
あともう少し氣を引き締めて、頑張ろう。



さて。
私のオイ蔵。

今月も完璧に下痢嘔吐無しとはいかなかったけれど
まずまず順調。

ただしトイレで排泄(poo)の体勢に入っても、うまく落とせないらしく
例の千と千尋に出てきそうな妖怪みたいな感じで
お尻を落として走って回り、結果、とんでも無い場所にブツを振り落とす。

だから家の中の変な所に、ポツリっと落ちてる事も。

その1回がたまたま下痢だった事があって、その場所がまた最悪で
ついにプチ・リフォームになってしまった。
お陰で来月はまたT蔵さんのお世話になるから、騒がしい。



そんな中、トイレで排泄しなくたって良いとオイは学んでしまったのか
庭では排泄場にキチンと行かず、中途半端な私の花壇の下手辺りで
平気でシャーシャーやるようになった。

これはまた直さなきゃだ。



そしてとにかく昼間、良く寝ている。
散歩の催促も遊びの催促も、何も要求しない。
・・・・と書いて、心の中で確認してみるけど、やっぱり要求はほとんど皆無。

ま、とにかく寝てるから。
ひたすら、ひたすら寝てるから。


いつも右半身を下にするので、出来たら偏らないようにしたいなぁ。


そして起き上がると、前脚引き摺って動き出す。
本当に痛々しい歩き方なのだけれど、しばらくすると関節が
うまく働き始めるようで正常に戻る。

今でも調子に乗るとホップするし、ジャンプも、疾走もする。

さすがオゥシー!!!!!
ヒョー ヒョー



そして『昼間、寝過ぎるからだ!』とダンナが怒るのが、夕食後。
昼とは別犬になって、奇妙に動き出す。

頻繁に居場所のリビングから、出たり入ったり。
寝ようとしてゴロンとなっても、弾かれたように立ちあがる。
ウロウロノソノソ訳も無く動き回り、あまりの事に自由勝手にさせてみたが
別に何の理由もないようで、ただ多動にしか思えない。

そしてダンナに頭に来るのだけれど
夜の食事をして30分しか経っていないのに
『何かない?』と訊いて来る。

オイが、これにすごく反応する。
昔はこんな事はなかったんだよ。

オイにつけ込まれるほど、たるんでいるんだから
私たちは夕食後、一切、何も食べるべきではないのだ!
(と自分もこっそり食べる事があるので、戒めを込めて)



そして獣医さんから言われている通り、寝る間際にお夜食をもらい
それが終了すると、ストンと憑いてるものが落ちたようになって
私に抱っこで運ばれて、寝る。
またひたすら寝る。

そして今年は、諸事情があって、いまだに私と一緒に和室で寝てる。


満月だった頃、また真夜中に目を開けたら
オイが立ちあがったまま窓の外を警戒しているので、びっくりした。
それから2日程同じ行動が見られて、マジで今こそ
オオカミオンナになるのか?と思ってフトンの中から目だけ出して
こっそり観察していたが
しばらくすると、風に乗って、お向かいから大喧嘩の声が届いた。

コレだったのか。
耳は遠くなったのだけれど、こういう不思議な事もある。










スポンサーサイト
*CommentList

猛暑終わり?8月

夏休み、甥っこ&姪っ子が遊びに寄った翌日、
食欲を失くし、朝食を食べれなかったオイ。

午後には回復して、良かったのだけれど
姪っ子が我が家に泊りに来る予定で、
それは愉しみにしていたらしく、電話で大泣きされた。

私の優柔不断さや思い違い。
大人の強引さ、配慮の無さ、単なる抑え込みの傲慢さ。
それが全て1番立場の弱い姪っ子にいってしまったのを
目の当たりにしてかなり動揺。

闘わなければ。
穏やかに闘おう。
私の心の中の弱い部分と。


オイは多少、下痢やおう吐を見せたもののまず安泰。
フィラリア薬も無事。
毛並みは少し悪いかな。
とにかくこの猛暑、クーラーの部屋で寝てばかりいるので
甘さが出て、お陰で時々ルール違反を見せる。
あのコの良いところというか、どんくさいというか、解り易くやってくれる。
呼ばれても来ないとか。
お陰でがっちり怒られて、14歳にもなってどうよ?と思うけど、
仕方ないものは仕方ないね。

前脚に原因不明の怪我をしていて、なかなか治りが悪く、
舐めまわすせいで毛も抜け落ちてしまい、化膿するようなら医者へと思っていたが
それもカサブタになって、ポロリと落ちた。

まず大丈夫と思うが、実はまだ何とは無しに氣になっている。
体のあちこちのイボが、大きくなってきているから。


寝起き直後の歩行は、本当に関節が回らないという感じでヨタヨタ。
それはそれは年をした犬のように見える。

階段を降りるのも昇るのも、調子の良い時は支障ないが
悪い時は、転がるように、いや、ほとんど落ちて行って床にぶつかる。
2階の階段入口に簡単な障害を仕立てて、
真夜中、具合が悪くても勝手に降りていけないようにした。

姪っ子の日とは別に、黄色い吐しゃ物を床に残した事が1回
吐くために庭に出たがるため、1人と1匹、リビングで寝た事が1回あった。
合計3日の不調か。

しかし涼しい夜には、まだまだ快活に遊ぶし
今では庭いっぱいに広がってしまった薔薇の鉢を落とす事もなく
相変わらず神経行き届いた歩き方をしてる。
案外、庭に鉢を置くって、犬の運動になるかもと思って見てる。
オイに不都合なら、処分するよ。

先日、客人が、オイを見て
なんて大人しいコなの!と言っていたけれど
年をしたからではなく若い頃から
まずほとんどの人がオイを見てそう言う。

まったく!と思う事もあるが、まぁまぁ、良い暮らしをしてると思う。



*CommentList

7月は夏のはじめ

アジサイIMG_1100カシワバ
ほんの少し前方に移植したら、元氣になってきたカシワバアジサイ。


7月もあっという間に終わっちゃったな。

オイは散歩に行くことも無く、毎朝、私のバラの水やりに付き合い
質素な朝ごはんを食べ、朝寝をし、クーラーを付けるとイチコロで眠りに落ちる。
それからまたこんこんと眠り続け、夜になって庭に出る。
そしてまた寝る。

そんな毎日。
クーラーの効いた薄暗い部屋の中は、穏やかで静かだけれど
それでもやはり夏は、犬にとっても生きづらい季節だと思う。
とにかく今年はだらだらと、オイの苦手な蒸し暑さがつきまとう。


天皇陛下が長野の植樹にいらした早朝の静かな時間帯に
花火がドンドン挙がって、私たちはまったくの無防備でフトンの中だった。

でもオイは、まったく氣がつかなかった。
今更ながら、耳、遠くなったんだなぁ~と思った。


雷もあまり聞こえていないようだ。
それでもなにか不安に感じるのか、窓の外を何度も確認して
落ち着かないことはあるが。
ヨダレ、ダラダラの昔の有様は無くて
耳の遠くなった犬は長生きするっていうから、良かったなぁとダンナは言う。
突然の雷に脱走されたあの時の恐怖を思うと
制御力に欠ける飼い主には、その通りなのかも。


でも音の恐怖から解放されたと言うのではなく、例えば
薔薇の水遣りのために、前日に水を溜めておくのだが
ペットボトルの空になった時のペチッと言う破裂音や、コンクリートの上に置く
ジョウロの跳ねる音さえも怖いらしく、家の中に居てさえ後ずさりしている。


昔から、こういう音さえも怖くていたが、ただ行動に現わさなかっただけなのか
それとも毎日、甘やかされてる暮らしの中で怖いものを作り出したのか。
時々、考える。


ダンナが一緒に入る時は、ダンナを苦手なモノとして認識し
私に付いて回るけれど
ダンナが出張に出掛けてしまうと、今度は私に警戒心を持つ。
何でかなぁ~と思う。


不満や不安、恐怖を、自分から作り出しているように見えてしまって。
私も同じなんだろうか。
これは何かの教えかなと、時々、自問する。

IMG_0967BEBE.jpg











*CommentList

梅雨が続いた6月




あっと言う間に6月も終わってしまって怖い。
最近、木曜日になると、明日はもう金曜日、今週も終わりか~って
先取りすぎる習慣が出来てきた。 笑

年取ったって事だよねぇ~。きっと。


さて、オイちゃん。
今月はアレルギーが出てるらしく、マイボームを掻きむしってしまった。
膿んだらまずいぞと獣医覚悟でいた。
結局、カサブタになり、今は痕しかないけど、
また膨らんで、痒くて・・・・、の繰り返しで
もうしばらくすると、おできぷっくり復活するんだよなー。

そしてそんな状態の時に、フィラリアの予防薬のタイムリミットが来てしまった。
案の定、前後3日、おかしな興奮状態が続き、やっと憑きものが取れた。



暑さが酷くなってきたせいか食欲が少し落ちてるらしく、
ダンナからもらう“おめざ”の食いつきが悪いらしい。
食事は今まで通りで、問題を感じないんだけど
なんだか痩せたように感じる。でも重い。どういう事だろ?


暑い日の散歩は無し。
梅雨冷の日があったのでゆっくり散歩に出掛けたが、
それでも後半はバテ氣味。
川に入りたそうな素ぶりも見せてた。
おまえには暑いんだよね。

昔、よく遊んだ田んぼの用水路、
夜は蛍が飛ぶほど水がきれいらしいので
また足、ジャバジャバやるだけでも、連れて行ってやるかな?

クマ出ないでくれ。

5-25-1IMG_0950.jpg

下痢の日があったが、悪化せず終わり。
胸焼け、嘔吐も症状を見せず。

オイの薬草、ゴールデン・ホップの葉を食べさせようとしたら
ペって吐き出してたので、まぁ、良いのでしょう。

聴力のことはまた。









マダム アルフレッド キャリエール さようなら

キャリエールIMG_0651
マダム アルフレッド キャリエール 


うどんこに弱い薔薇なのに、その前に蕾をボロボロ落としてる。
私にはまだ無理と早々に手放す決心。

でも可愛い薔薇だった~。

IMG_0441MAキャリエール初開花


IMG_0584MAC全開

キャリエールIMG_0561MA
これではツル薔薇が欲しくなって当たり前。
こんなしなやかで柔らかな枝ぶりのをいつか・・・。




アイスバーグ。 

アイスバーグIMG_0748金木犀&

あ~、この頃が夢のようだなぁ。


IMG_0747金木犀夕日
金木犀に落ちる夕陽。
日常にある贅沢なひととき。



IMG_0726テーブル
ま~たダンナがひっぱり出してきたテーブル。

じゃぁ、ここで朝食たべましょうよと言っても、ノッて来ない。
なんのため移動させたのか、よく解らない。



IMG_0657雨の日
雨の日。
でも咲き始めた薔薇や蕾にウキウキじてた頃。

IMG_0663雨の日
雨の日、咲いてる薔薇は優先的に軒先に。
6月末の現在、黒点病の症状は出ていない。

今年は真島式、黒の菌汁と有機肥料のセットを噴霧しているけれど
なんとか黒点、抑えられないかなぁ~。



薔薇と愉しんだ5月はすごく楽しくてあっと言う間。
と思ってたら、6月ももう終わりか~。
あっという間に月日が経っていくのが信じられない。















左サイドMenu

プロフィール

飼い主 オイの母

Author:飼い主 オイの母
蚤の心臓で、興奮症の犬と私の日記。

『趣味は薔薇のアブラムシ潰し』
そんな飼い主に飼われてるオゥシーの日々。

手塩にかけて育てたつもりが、
飼い主の上いく、立派なおばさん犬になりました。
2002.5.2 宮崎生まれ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

電力使用状況&電気予報

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

Web page translation

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。